法律トラブルに対応

ノートパソコン

日常に密着

法律の専門家といっても弁護士だけではありません。行政書士や司法書士と呼ばれる様々な職業が存在します。普段は法律事務所で勤務しており、相談や依頼に応じて様々な活動や行動を行ないます。大阪、東京、町田といった各地でも法律に関する相談を行なうことがあります。法律問題と聞くと、無関係のように思えますが身近な所で言えば、交通事故や各種手続きで法律と関わってきます。法律に関する知識がないと、様々な手続きを行なう際に障害が生じてしまいます。そうした事態にならないように弁護士や行政書士に依頼する事で、トラブルを減らす事が出来ます。

業務でも頼りになる

弁護士や行政書士の主な仕事には、交通事故の対応や離婚専門の相談があります。特に交通事故では、相手への治療費請求といったところで力を借りる事が出来ます。その他には離婚に関する相談もあります。特に離婚ではどちらかに非がある場合は、慰謝料を請求する事が出来ます。この慰謝料は、弁護士の腕によって更に金額を大きくする事が出来ます。また、逆に慰謝料を請求された場合は、慰謝料を減らすために弁護士が活躍することもあります。その他にも行政書士が行える仕事では、会社経営の手助けを行なう事ができ、確定申告や各種手続きを行なうことも出来ます。会社で行政書士を雇っておくことは少なく、基本的には確定申告の時期が来ると、その業務を外部の行政書士に依頼することで事務の負担を軽くする事も出来ます。

交通事故似合っても冷静に弁護士で対応

交通事故似合ってしまった場合は、しっかりとした対応が求められます。事故が原因で起こる損害賠償は、弁護士の力を借りる事でより納得の行く示談を行なうことが出来、損害賠償の請求が出来ます。

本がたくさん並んだ部屋
プロに依頼

離婚問題を円滑に解決していくために、離婚専門としている弁護士に依頼してみましょう。離婚のプロフェッショナルを利用すれば、円滑に離婚問題を解決することが可能になります。

パソコンの前の男性
法改正で変わった部分

行政書士が扱える分野は、平成13年の法改正で変化しました。弁護士分野から巻き取った、官公署からの不許可決定に対する不服申立てを行うことができるようになったことなど、活躍の場が広がっている点は要注目です。

問題なく解決
女性

交通事故などに遭った場合には、示談交渉を希望したくなるケースなどがあります。そういった場合には、法律のプロである弁護士に依頼して解決していくと、問題なく解決できるでしょう。

注意しておきたいこと
電卓とノート類

弁護士を雇うためにはそれなりのお金が必要になります。お金の工面が難しい人のために費用を融資してもらえる制度や、報酬の分割払いを認めてくれる弁護士もいるので、まずは相談してみることが大切です。

本がたくさん並んだ部屋
パソコンの前の男性
女性
電卓とノート類
このエントリーをはてなブックマークに追加